このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線を99.9%カットする車検対応型フロントガラスが登場!

車のコーティングの種類

今では車のコーティングにもいろいろな種類があって、大きく分ければ、油脂系、樹脂系、ガラス系、そしてガラスがあります。


それぞれにいろいろな特徴があるので、車にコーティングをする時には、特性を十分に理解した上でいずれかを選ぶようにしましょう。


施行が簡単で安価に施工できるところが大きなメリット

 

油脂系は、油が水をはじく性質を利用したものであり、施行が簡単で安価に施工できるところが大きなメリットです。


ただし雨により早く劣化するというデメリットもあり、汚れたらこまめに洗車をして劣化した部分を取り除かなければいけないので手間もかかります。


したがってあまり車のお手入れをしない人にはおすすめではありません。


樹脂系は、イオン結合や分子結合によって高分子化合物を密着されていて、比較的安く施工することができます。


けれどもワックス同様劣化しやすいため、油脂系と同じく定期的に洗車をして劣化した部分を取り除く手間が必要となります。


樹脂系にガラス繊維が入っている商品には注意が必要

 

ガラス系は、樹脂系にガラス繊維が入っているものか、ガラスに他の成分が入っているもので、ガラスに他の成分が入っている場合は良質な商品が多くおすすめなのですが、樹脂系にガラス繊維が入っている商品には注意して下さい。


最後にガラスコーティングは、ガラス特有の透明性のある被膜でボディをしっかり守ってくれます。


費用面では高くつくのがデメリットですが、被膜の強さでは最強のボディーコーティングと言えるでしょう!


ガラスコーティングには油分が含まれていないので、それを知らない人はツヤ感がないと思うかもしれません。