整体で更年期障害を改善

整体で更年期障害を改善

多くの女性の悩みとなる更年期障害ですが、女性は40歳を超えたあたりから卵巣の機能が低下してきて、いわゆる更年期という時期になると、機能が急激に低下してしまいます。


卵巣から分泌されているエストロゲンという女性ホルモンが減少して、体内のホルモンバランスが乱れ、そうなれば自律神経の調節も乱れることになり、身体が異常にほてったり、冷えたりと体調に異常をきたすことになります。


更年期障害が女性に起きるのはこのことが理由となっています。


血流や神経やホルモンバランスを健全化

更年期障害の治療に効果的なのが整体だと言われていて、整体はマッサージとは異なり、全身の歪みを改善するため、それにより血流や神経やホルモンバランスを健全化するとされています。


もちろん体の歪みを改善すれば完全に更年期障害を治療できるということではなく、さらに更年期障害だと思っていたのに、本当は別の病気が原因だったということもあるので、何か症状が出た場合は、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。


症状が重いと上半身を起こすこともできなくなる場合もあるので、早めに処置をしてもらうようにしましょう。


更年期障害で起きる症状

更年期障害で起きる症状には、ほてりや冷えの他にも、肩こりや頭痛や便秘やどうきやめまいやむくみやふらつきなどいろいろな症状があり、中年女性は何かと不調の原因を更年期障害と決めつけてしまうことが多いので、その原因が本当に更年期障害だとしても、取り返しがつかなくならない前に病院で診てもらうようにしましょう。


更年期障害の特徴として、日によって様々な異なる症状が現れることや、いつもは軽かった症状が急に重くなるということがあります。


 
コンテンツ