このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線を99.9%カットする車検対応型フロントガラスが登場!

カラード・フロントガラスのおすすめ商品

カラード・フロントガラスとは、その名前の通りに自動車のフロントガラスに色がついているもので、その目的は外から車内が見えないようにするプライバシーの保護と、他の車と差をつけたいというものがあります。


またフロントガラスに色をつけることで、紫外線からお肌や車内のインテリアなどを守ることもできます。


しかしフロントガラスにつけられる色の濃さは保安基準で定められていて、70%以上の透過率を確保していないと、車検を通すことができなくなり、警察に取り締まりで捕まる可能性も出てきます。


したがってカラーフィルムをフロントガラスに貼って、カラード・フロントガラスにしているドライバーは、基準をきちんと守って取り付けるようにしましょう。


サンドイッチ構造を採用したカラード・フロントガラス

 

最近ではおすすめのカラード・フロントガラスが販売されていて、それはソーラーインパクトという商品です。


これは太陽光を反射する金属製特殊シートを合わせガラスで挟みこんでサンドイッチ構造を採用したカラード・フロントガラスで、新時代のおすすめ商品です。


フロントガラスが美しいシャイニングローズカラーに!

 

ソーラーインパクトに太陽光が反射すれば、フロントガラスが美しいシャイニングローズカラーに輝きます。


もちろん70%以上の透過率を確保しているため、車検を通すことができます。


プライバシーも守れてドレスアップ効果も望める優れものです!


さらにソーラーインパクトに使用されている金属製の特殊シートが、お肌にも車内のインテリアなどにも悪影響を及ぼす紫外線を、99.9%カットしてくれるメリットもあります。