このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線を99.9%カットする車検対応型フロントガラスが登場!

フロントガラスの補修技術について

最近の自動車のフロントガラスは、以前よりも頑丈にできていますが、それでも走行中に石が飛んできたり飛来物により、簡単に小さな傷はついてしまいます。


フロントガラスについた傷が小さな場合は、そのまま放置しているドライバーも多いようですが、フロントガラスの傷をそのままにしておくと、いずれそこからひび割れや亀裂が入ることもあり、そうなればフロントガラスを全面交換しなければいけなくなるので、どんなに細かい傷でも早めの対策が必要になります。


市販の専門のリペアキッドでも補修できる場合もある

 

本当に小さな傷なら、市販の専門のリペアキッドでも補修できる場合もあるので、とにかくすぐに対応して下さい。


しかし市販のリペアキッドを使用した場合は、どうしても跡が残り、経年劣化する恐れもあるので、できるならプロの修理屋さんに診てもらうことをおすすめします。


フロントガラスの補修をしてくれる業者は修理工場やカーディーラーなどいろいろありますが、実は業者によって技術も補修の仕方も異なるので、業者選びは大切になります。


業者選びのポイント

 

業者選びのポイントは、日頃からフロントガラスの修理をしているかということで、やはり経験のある業者ほど腕は良く信頼できることになります。


今ではインターネットで検索すれば、車のフロントガラスを専門に補修・修理してくれる業者の情報は簡単に探すことができるようになっているので、利用できる範囲でお近くの業者を選んで、それらの業者から相見積もりを取るようにしましょう。


値段も見た上でどこの業者を選ぶかを決めて下さい。